Microstrategy-olap-services

提供:Dev Guides
2020年6月22日 (月) 16:59時点におけるMaintenance script (トーク | 投稿記録)による版 (Imported from text file)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

MicroStrategy-OLAPサービス

オンライン分析処理(OLAP)は、ビジネスデータの多次元分析です。 複雑な計算、傾向分析などの機能を提供します。 MicroStrategyのOLAPサービスは、MicroStrategy Intelligence Serverの拡張版です。 Inmemory Business Intelligenceの概念を使用します。 これにより、BIプラットフォームはパフォーマンスと分析を大幅に改善できます。

レポートでのさまざまなOLAP操作では、エイリアス、バンディング、並べ替え、ピボット、ページバイなどの機能を使用します。 これらの機能により、レポートがウェアハウスに対して再実行されることはないため、応答時間が大幅に短縮されます。 次に、MicroStrategy Desktopで使用可能なさまざまなOLAP機能の簡単な説明を示します。

エイリアス-この機能は、属性名、統合名、カスタムグループ名、メトリック名など、レポートグリッド上のオブジェクトの名前を変更するために使用されます。

バンディング-行または列のグループに色を付けて、検索および分析しやすいデータのバンドを形成するために使用します。

ページごと-これは、ページ軸と呼ばれる第3軸に利用可能な属性、統合、またはメトリックを配置することにより、グリッドレポートのデータをセグメント化する方法です。

ピボット-オブジェクトを行ヘッダーから列ヘッダーに、またはその逆に移動するなど、さまざまな観点からデータを表示するためにレポートの列と行を再配置するために使用されます。

並べ替え-MicroStrategy Desktopは、行または列のクイックソート、高度なソート、階層ソートを提供します。

小計-レポートのメトリックのさまざまなレベルで小計を追加、削除、編集するために使用されます。

しきい値-しきい値は、ユーザーが定義した条件を満たすデータを強調表示します。

以下は、しきい値を適用する例です。

前の章で作成した、Excelファイルを使用した従業員レポートを検討してください。 レポートでは、次の手順を使用して、さまざまな給与にしきい値の色を適用します。

しきい値列を選択

従業員レポートで、給与列をクリックし、ドロップダウンからしきい値を選択します。

しきい値1

しきい値オプションを適用

次のウィンドウには、しきい値のタイプを選択するオプションがあります。 デフォルトの色と値を持つ色ベースのしきい値を選択します。

しきい値2

他のデフォルト以外のしきい値オプションを調べたい場合は、Advanced Threshold Editorをクリックすると、次の追加オプションが表示されます。

しきい値3

しきい値結果

しきい値の最終結果は、選択したしきい値の色ごとに異なる給与値を強調表示する次の画像に示されています。

しきい値4