SQLite-構文

SQLiteの後には、構文と呼ばれるルールとガイドラインの一意のセットが続きます。 この章では、すべての基本的なSQLite構文をリストします。

大文字と小文字の区別

注意すべき重要な点は、SQLiteは*大文字と小文字を区別しない*ですが、 GLOBglob のような大文字と小文字を区別するコマンドはSQLiteステートメントで異なる意味を持っていることです。

コメント

SQLiteコメントは追加のメモであり、SQLiteコードに追加して読みやすくすることができ、どこにでも表示できます。内部式や他のSQLステートメントの途中を含む空白が発生する可能性がありますが、ネストすることはできません。

SQLコメントは、2つの連続する「-」文字(ASCII 0x2d)で始まり、次の改行文字(ASCII 0x0a)まで、または入力の終わりまでのいずれか早い方まで拡張されます。

「/*」で始まり、次の「 */」文字のペアまで、または入力の終わりまで、どちらか早い方まで拡張するCスタイルのコメントを使用することもできます。 Cスタイルのコメントは複数行にわたることができます。

sqlite> .help -- This is a single line comment

SQLiteステートメント

すべてのSQLiteステートメントは、SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE、ALTER、DROPなどのキーワードで始まり、すべてのステートメントはセミコロン(;)で終わります。

SQLite ANALYZEステートメント

ANALYZE;
or
ANALYZE database_name;
or
ANALYZE database_name.table_name;

SQLite AND/OR句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE CONDITION-1 {AND|OR} CONDITION-2;

SQLite ALTER TABLEステートメント

ALTER TABLE table_name ADD COLUMN column_def...;

SQLite ALTER TABLEステートメント(名前の変更)

ALTER TABLE table_name RENAME TO new_table_name;

SQLite ATTACH DATABASEステートメント

ATTACH DATABASE 'DatabaseName' As 'Alias-Name';

SQLite BEGIN TRANSACTIONステートメント

BEGIN;
or
BEGIN EXCLUSIVE TRANSACTION;

SQLite BETWEEN句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE column_name BETWEEN val-1 AND val-2;

SQLite COMMITステートメント

COMMIT;

SQLite CREATE INDEXステートメント

CREATE INDEX index_name
ON table_name ( column_name COLLATE NOCASE );

SQLite CREATE UNIQUE INDEXステートメント

CREATE UNIQUE INDEX index_name
ON table_name ( column1, column2,...columnN);

SQLite CREATE TABLEステートメント

CREATE TABLE table_name(
   column1 datatype,
   column2 datatype,
   column3 datatype,
   .....
   columnN datatype,
   PRIMARY KEY( one or more columns )
);

SQLite CREATE TRIGGERステートメント

CREATE TRIGGER database_name.trigger_name
BEFORE INSERT ON table_name FOR EACH ROW
BEGIN
   stmt1;
   stmt2;
   ....
END;

SQLite CREATE VIEWステートメント

CREATE VIEW database_name.view_name AS
SELECT statement....;

SQLite CREATE VIRTUAL TABLEステートメント

CREATE VIRTUAL TABLE database_name.table_name USING weblog( access.log );
or
CREATE VIRTUAL TABLE database_name.table_name USING fts3( );

SQLite COMMIT TRANSACTIONステートメント

COMMIT;

SQLite COUNT句

SELECT COUNT(column_name)
FROM table_name
WHERE CONDITION;

SQLite DELETEステートメント

DELETE FROM table_name
WHERE {CONDITION};

SQLite DETACH DATABASEステートメント

DETACH DATABASE 'Alias-Name';

SQLite DISTINCT句

SELECT DISTINCT column1, column2....columnN
FROM table_name;

SQLite DROP INDEXステートメント

DROP INDEX database_name.index_name;

SQLite DROP TABLEステートメント

DROP TABLE database_name.table_name;

SQLite DROP VIEWステートメント

DROP INDEX database_name.view_name;

SQLite DROP TRIGGERステートメント

DROP INDEX database_name.trigger_name;

SQLite EXISTS句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE column_name EXISTS (SELECT* FROM   table_name );

SQLite EXPLAINステートメント

EXPLAIN INSERT statement...;
or
EXPLAIN QUERY PLAN SELECT statement...;

SQLite GLOB句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE column_name GLOB { PATTERN };

SQLite GROUP BY句

SELECT SUM(column_name)
FROM table_name
WHERE CONDITION
GROUP BY column_name;

SQLite HAVING句

SELECT SUM(column_name)
FROM table_name
WHERE CONDITION
GROUP BY column_name
HAVING (arithematic function condition);

SQLite INSERT INTOステートメント

INSERT INTO table_name( column1, column2....columnN)
VALUES ( value1, value2....valueN);

SQLite IN句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE column_name IN (val-1, val-2,...val-N);

SQLite Like句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE column_name LIKE { PATTERN };

SQLite NOT IN句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE column_name NOT IN (val-1, val-2,...val-N);

SQLite ORDER BY句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE CONDITION
ORDER BY column_name {ASC|DESC};

SQLite PRAGMAステートメント

PRAGMA pragma_name;

For example:

PRAGMA page_size;
PRAGMA cache_size = 1024;
PRAGMA table_info(table_name);

SQLite RELEASE SAVEPOINTステートメント

RELEASE savepoint_name;

SQLite REINDEXステートメント

REINDEX collation_name;
REINDEX database_name.index_name;
REINDEX database_name.table_name;

SQLite ROLLBACKステートメント

ROLLBACK;
or
ROLLBACK TO SAVEPOINT savepoint_name;

SQLite SAVEPOINTステートメント

SAVEPOINT savepoint_name;

SQLite SELECTステートメント

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name;

SQLite UPDATEステートメント

UPDATE table_name
SET column1 = value1, column2 = value2....columnN=valueN
[ WHERE  CONDITION ];

SQLite VACUUMステートメント

VACUUM;

SQLite WHERE句

SELECT column1, column2....columnN
FROM table_name
WHERE CONDITION;