SQLite-Python

この章では、PythonプログラムでSQLiteを使用する方法を学習します。

インストール

SQLite3は、Gerhard Haringによって作成されたsqlite3モジュールを使用してPythonと統合できます。 PEP 249で説明されているDB-API 2.0仕様に準拠したSQLインターフェイスを提供します。 このモジュールはPythonバージョン2.5.x以降でデフォルトで出荷されるため、このモジュールを個別にインストールする必要はありません。

sqlite3モジュールを使用するには、最初にデータベースを表す接続オブジェクトを作成する必要があります。次に、オプションでカーソルオブジェクトを作成できます。これは、すべてのSQLステートメントの実行に役立ちます。

Python sqlite3モジュールAPI

以下は重要なsqlite3モジュールルーチンであり、PythonプログラムからSQLiteデータベースを操作するための要件を満たすことができます。 より洗練されたアプリケーションをお探しの場合は、Python sqlite3モジュールの公式ドキュメントをご覧ください。

Sr.No. API & Description
1

sqlite3.connect(database [,timeout ,other optional arguments])

このAPIは、SQLiteデータベースファイルへの接続を開きます。 ":memory:"を使用して、ディスクではなくRAMにあるデータベースへのデータベース接続を開くことができます。 データベースが正常に開くと、接続オブジェクトが返されます。

データベースが複数の接続によってアクセスされ、プロセスの1つがデータベースを変更すると、SQLiteデータベースはそのトランザクションがコミットされるまでロックされます。 timeoutパラメーターは、例外が発生するまでロックが解除されるまで接続が待機する時間を指定します。 タイムアウトパラメータのデフォルトは5.0(5秒)です。

指定されたデータベース名が存在しない場合、この呼び出しはデータベースを作成します。 現在のディレクトリ以外の場所にデータベースを作成する場合は、必要なパスでファイル名を指定することもできます。

2

connection.cursor([cursorClass])

このルーチンは、Pythonを使用したデータベースプログラミング全体で使用される*カーソル*を作成します。 このメソッドは、単一のオプションパラメータcursorClassを受け入れます。 指定する場合、これはsqlite3.Cursorを拡張するカスタムカーソルクラスである必要があります。

3

cursor.execute(sql [, optional parameters])

このルーチンは、SQLステートメントを実行します。 SQLステートメントはパラメーター化できます(i。 e. SQLリテラルの代わりのプレースホルダー)。 sqlite3モジュールは、疑問符と名前付きプレースホルダー(名前付きスタイル)の2種類のプレースホルダーをサポートしています。

たとえば-cursor.execute( "insert into people values(?、?)"、(who、age))

4

connection.execute(sql [, optional parameters])

このルーチンは、カーソルオブジェクトによって提供される上記のexecuteメソッドのショートカットであり、cursorメソッドを呼び出して中間カーソルオブジェクトを作成し、指定されたパラメーターでカーソルのexecuteメソッドを呼び出します。

5

cursor.executemany(sql, seq_of_parameters)

このルーチンは、シーケンスsqlで見つかったすべてのパラメーターシーケンスまたはマッピングに対してSQLコマンドを実行します。

6

connection.executemany(sql[, parameters])

このルーチンは、cursorメソッドを呼び出して中間カーソルオブジェクトを作成し、指定されたパラメーターでcursor.s executemanyメソッドを呼び出すショートカットです。

7

cursor.executescript(sql_script)

このルーチンは、スクリプトの形式で提供される複数のSQLステートメントを一度に実行します。 最初にCOMMITステートメントを発行し、次にパラメーターとして取得したSQLスクリプトを実行します。 すべてのSQLステートメントはセミコロン(;)で区切る必要があります。

8

connection.executescript(sql_script)

このルーチンは、カーソルメソッドを呼び出して中間カーソルオブジェクトを作成し、指定されたパラメーターを使用してカーソルのexecutescriptメソッドを呼び出すショートカットです。

9

connection.total_changes()

このルーチンは、データベース接続が開かれてから変更、挿入、または削除されたデータベース行の総数を返します。

10

connection.commit()

このメソッドは、現在のトランザクションをコミットします。 このメソッドを呼び出さないと、最後のcommit()の呼び出し以降に行った操作は、他のデータベース接続からは見えません。

11

connection.rollback()

このメソッドは、commit()の最後の呼び出し以降のデータベースへの変更をロールバックします。

12

connection.close()

このメソッドは、データベース接続を閉じます。 これはcommit()を自動的に呼び出さないことに注意してください。 最初にcommit()を呼び出さずにデータベース接続を閉じると、変更は失われます!

13

cursor.fetchone()

このメソッドは、クエリ結果セットの次の行をフェッチして単一のシーケンスを返します。使用可能なデータがなくなったらNoneを返します。

14

cursor.fetchmany([size = cursor.arraysize])

このルーチンは、クエリ結果の次の行セットをフェッチし、リストを返します。 使用可能な行がなくなると、空のリストが返されます。 このメソッドは、sizeパラメーターで指定された数の行をフェッチしようとします。

15

cursor.fetchall()

このルーチンは、クエリ結果のすべての(残りの)行をフェッチし、リストを返します。 使用可能な行がない場合、空のリストが返されます。

データベースに接続

次のPythonコードは、既存のデータベースに接続する方法を示しています。 データベースが存在しない場合は、データベースが作成され、最終的にデータベースオブジェクトが返されます。

#!/usr/bin/python

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('test.db')

print "Opened database successfully";

ここで、特別な名前*:memory:としてデータベース名を指定して、RAMにデータベースを作成することもできます。 次に、上記のプログラムを実行して、現在のディレクトリにデータベース *test.db を作成します。 要件に応じてパスを変更できます。 上記のコードをsqlite.pyファイルに保持し、以下に示すように実行します。 データベースが正常に作成されると、次のメッセージが表示されます。

$chmod +x sqlite.py
$./sqlite.py
Open database successfully

テーブルを作成する

次のPythonプログラムを使用して、以前に作成したデータベースにテーブルを作成します。

#!/usr/bin/python

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('test.db')
print "Opened database successfully";

conn.execute('''CREATE TABLE COMPANY
         (ID INT PRIMARY KEY     NOT NULL,
         NAME           TEXT    NOT NULL,
         AGE            INT     NOT NULL,
         ADDRESS        CHAR(50),
         SALARY         REAL);''')
print "Table created successfully";

conn.close()

上記のプログラムが実行されると、 test.db にCOMPANYテーブルが作成され、次のメッセージが表示されます-

Opened database successfully
Table created successfully

INSERT操作

次のPythonプログラムは、上記の例で作成されたCOMPANYテーブルにレコードを作成する方法を示しています。

#!/usr/bin/python

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('test.db')
print "Opened database successfully";

conn.execute("INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY) \
      VALUES (1, 'Paul', 32, 'California', 20000.00 )");

conn.execute("INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY) \
      VALUES (2, 'Allen', 25, 'Texas', 15000.00 )");

conn.execute("INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY) \
      VALUES (3, 'Teddy', 23, 'Norway', 20000.00 )");

conn.execute("INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY) \
      VALUES (4, 'Mark', 25, 'Rich-Mond ', 65000.00 )");

conn.commit()
print "Records created successfully";
conn.close()

上記のプログラムが実行されると、COMPANYテーブルに特定のレコードが作成され、次の2行が表示されます-

Opened database successfully
Records created successfully

SELECT操作

次のPythonプログラムは、上記の例で作成されたCOMPANYテーブルからレコードを取得して表示する方法を示しています。

#!/usr/bin/python

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('test.db')
print "Opened database successfully";

cursor = conn.execute("SELECT id, name, address, salary from COMPANY")
for row in cursor:
   print "ID = ", row[0]
   print "NAME = ", row[1]
   print "ADDRESS = ", row[2]
   print "SALARY = ", row[3], "\n"

print "Operation done successfully";
conn.close()

上記のプログラムを実行すると、次の結果が生成されます。

Opened database successfully
ID = 1
NAME = Paul
ADDRESS = California
SALARY = 20000.0

ID = 2
NAME = Allen
ADDRESS = Texas
SALARY = 15000.0

ID = 3
NAME = Teddy
ADDRESS = Norway
SALARY = 20000.0

ID = 4
NAME = Mark
ADDRESS = Rich-Mond
SALARY = 65000.0

Operation done successfully

更新操作

次のPythonコードは、UPDATEステートメントを使用してレコードを更新し、COMPANYテーブルから更新されたレコードをフェッチして表示する方法を示しています。

#!/usr/bin/python

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('test.db')
print "Opened database successfully";

conn.execute("UPDATE COMPANY set SALARY = 25000.00 where ID = 1")
conn.commit()
print "Total number of rows updated :", conn.total_changes

cursor = conn.execute("SELECT id, name, address, salary from COMPANY")
for row in cursor:
   print "ID = ", row[0]
   print "NAME = ", row[1]
   print "ADDRESS = ", row[2]
   print "SALARY = ", row[3], "\n"

print "Operation done successfully";
conn.close()

上記のプログラムを実行すると、次の結果が生成されます。

Opened database successfully
Total number of rows updated : 1
ID = 1
NAME = Paul
ADDRESS = California
SALARY = 25000.0

ID = 2
NAME = Allen
ADDRESS = Texas
SALARY = 15000.0

ID = 3
NAME = Teddy
ADDRESS = Norway
SALARY = 20000.0

ID = 4
NAME = Mark
ADDRESS = Rich-Mond
SALARY = 65000.0

Operation done successfully

削除操作

次のPythonコードは、DELETEステートメントを使用してレコードを削除し、COMPANYテーブルから残りのレコードを取得して表示する方法を示しています。

#!/usr/bin/python

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('test.db')
print "Opened database successfully";

conn.execute("DELETE from COMPANY where ID = 2;")
conn.commit()
print "Total number of rows deleted :", conn.total_changes

cursor = conn.execute("SELECT id, name, address, salary from COMPANY")
for row in cursor:
   print "ID = ", row[0]
   print "NAME = ", row[1]
   print "ADDRESS = ", row[2]
   print "SALARY = ", row[3], "\n"

print "Operation done successfully";
conn.close()

上記のプログラムを実行すると、次の結果が生成されます。

Opened database successfully
Total number of rows deleted : 1
ID = 1
NAME = Paul
ADDRESS = California
SALARY = 20000.0

ID = 3
NAME = Teddy
ADDRESS = Norway
SALARY = 20000.0

ID = 4
NAME = Mark
ADDRESS = Rich-Mond
SALARY = 65000.0

Operation done successfully