SQLite-Perl

この章では、PerlプログラムでSQLiteを使用する方法を学習します。

インストール

SQLite3は、Perlプログラミング言語用のデータベースアクセスモジュールであるPerl DBIモジュールを使用してPerlと統合できます。 標準のデータベースインターフェイスを提供する一連のメソッド、変数、および規則を定義します。

以下は、Linux/UNIXマシンにDBIモジュールをインストールする簡単な手順です-

$ wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/T/TI/TIMB/DBI-1.625.tar.gz
$ tar xvfz DBI-1.625.tar.gz
$ cd DBI-1.625
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make install

あなたがDBI用のSQLiteドライバをインストールする必要がある場合、それは次のようにインストールすることができます-

$ wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/M/MS/MSERGEANT/DBD-SQLite-1.11.tar.gz
$ tar xvfz DBD-SQLite-1.11.tar.gz
$ cd DBD-SQLite-1.11
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make install

DBIインターフェイスAPI

以下は重要なDBIルーチンであり、PerlプログラムからSQLiteデータベースを操作するための要件を満たすことができます。 より洗練されたアプリケーションをお探しの場合は、Perl DBIの公式ドキュメントをご覧ください。

Sr.No. API & Description
1

DBI→connect($data_source, "", "", \%attr)

要求された$ data_sourceへのデータベース接続またはセッションを確立します。 接続が成功した場合、データベースハンドルオブジェクトを返します。

データソースの形式は- DBI:SQLite:dbname = 'test.db' です。SQLiteはSQLiteドライバー名で、test.dbはSQLiteデータベースファイルの名前です。 ファイル名が ':memory:' として指定されている場合、メモリ内にセッション中だけ持続するメモリ内データベースが作成されます。

ファイル名が実際のデバイスファイル名である場合、その値を使用してデータベースファイルを開こうとします。 その名前のファイルが存在しない場合、その名前の新しいデータベースファイルが作成されます。

2番目と3番目のパラメーターは空の文字列として保持し、最後のパラメーターは次の例に示すようにさまざまな属性を渡すことです。

2

$dbh→do($sql)

このルーチンは、単一のSQLステートメントを準備して実行します。 影響を受けた行の数またはエラー時にundefを返します。 -1の戻り値は、行数が不明、適用できない、または利用できないことを意味します。 ここで、$ dbhはDBI→ connect()呼び出しによって返されるハンドルです。

3

$dbh→prepare($sql)

このルーチンは、データベースエンジンによる後の実行のためにステートメントを準備し、ステートメントハンドルオブジェクトへの参照を返します。

4

$sth→execute()

このルーチンは、準備されたステートメントの実行に必要な処理を実行します。 エラーが発生すると、undefが返されます。 実行が成功すると、影響を受ける行の数に関係なく常にtrueが返されます。 ここで、$ sthは、$ dbh→ prepare($ sql)呼び出しによって返されるステートメントハンドルです。

5

$sth→fetchrow_array()

このルーチンは、データの次の行をフェッチし、フィールド値を含むリストとしてそれを返します。 nullフィールドは、リスト内のundef値として返されます。

6

$DBI::err

これは、$ h→ errと同等です。$ hは、$ dbh、$ sth、$ drhなどのハンドルタイプのいずれかです。 これは、最後に呼び出されたドライバーメソッドからネイティブデータベースエンジンのエラーコードを返します。

7

$DBI::errstr

これは、$ h→ errstrと同等です。$ hは、$ dbh、$ sth、$ drhなどのハンドルタイプのいずれかです。 これは、最後に呼び出されたDBIメソッドからのネイティブデータベースエンジンエラーメッセージを返します。

8

$dbh→disconnect()

このルーチンは、DBI→ connect()の呼び出しによって以前に開かれたデータベース接続を閉じます。

データベースに接続

次のPerlコードは、既存のデータベースに接続する方法を示しています。 データベースが存在しない場合は、データベースが作成され、最終的にデータベースオブジェクトが返されます。

#!/usr/bin/perl

use DBI;
use strict;

my $driver   = "SQLite";
my $database = "test.db";
my $dsn = "DBI:$driver:dbname=$database";
my $userid = "";
my $password = "";
my $dbh = DBI->connect($dsn, $userid, $password, { RaiseError => 1 })
   or die $DBI::errstr;

print "Opened database successfully\n";

次に、上記のプログラムを実行して、現在のディレクトリにデータベースtest.dbを作成します。 要件に応じてパスを変更できます。 上記のコードをsqlite.plファイルに保持し、以下に示すように実行します。 データベースが正常に作成された場合、次のメッセージが表示されます-

$ chmod +x sqlite.pl
$ ./sqlite.pl
Open database successfully

テーブルを作成する

次のPerlプログラムを使用して、以前に作成したデータベースにテーブルを作成します。

#!/usr/bin/perl

use DBI;
use strict;

my $driver   = "SQLite";
my $database = "test.db";
my $dsn = "DBI:$driver:dbname=$database";
my $userid = "";
my $password = "";
my $dbh = DBI->connect($dsn, $userid, $password, { RaiseError => 1 })
   or die $DBI::errstr;
print "Opened database successfully\n";

my $stmt = qq(CREATE TABLE COMPANY
   (ID INT PRIMARY KEY     NOT NULL,
      NAME           TEXT    NOT NULL,
      AGE            INT     NOT NULL,
      ADDRESS        CHAR(50),
      SALARY         REAL););

my $rv = $dbh->do($stmt);
if($rv < 0) {
   print $DBI::errstr;
} else {
   print "Table created successfully\n";
}
$dbh->disconnect();

上記のプログラムが実行されると、test.dbにCOMPANYテーブルが作成され、次のメッセージが表示されます-

Opened database successfully
Table created successfully

-操作のいずれかで次のエラーが表示される場合-

DBD::SQLite::st execute failed: not an error(21) at dbdimp.c line 398
このような場合、DBD-SQLiteインストールで使用可能な* dbdimp.cファイル*を開き、* sqlite3_prepare()関数を見つけて、その3番目の引数を0ではなく *-1 に変更します。 最後に、 make を使用してDBD
SQLiteをインストールし、 make install を実行して問題を解決します。

INSERT操作

次のPerlプログラムは、上記の例で作成されたCOMPANYテーブルにレコードを作成する方法を示しています。

#!/usr/bin/perl

use DBI;
use strict;

my $driver   = "SQLite";
my $database = "test.db";
my $dsn = "DBI:$driver:dbname=$database";
my $userid = "";
my $password = "";
my $dbh = DBI->connect($dsn, $userid, $password, { RaiseError => 1 })
   or die $DBI::errstr;
print "Opened database successfully\n";

my $stmt = qq(INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY)
               VALUES (1, 'Paul', 32, 'California', 20000.00 ));
my $rv = $dbh->do($stmt) or die $DBI::errstr;

$stmt = qq(INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY)
               VALUES (2, 'Allen', 25, 'Texas', 15000.00 ));
$rv = $dbh->do($stmt) or die $DBI::errstr;

$stmt = qq(INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY)
               VALUES (3, 'Teddy', 23, 'Norway', 20000.00 ));

$rv = $dbh->do($stmt) or die $DBI::errstr;

$stmt = qq(INSERT INTO COMPANY (ID,NAME,AGE,ADDRESS,SALARY)
               VALUES (4, 'Mark', 25, 'Rich-Mond ', 65000.00 ););

$rv = $dbh->do($stmt) or die $DBI::errstr;

print "Records created successfully\n";
$dbh->disconnect();

上記のプログラムが実行されると、COMPANYテーブルに特定のレコードが作成され、次の2行が表示されます-

Opened database successfully
Records created successfully

SELECT操作

次のPerlプログラムは、上記の例で作成されたCOMPANYテーブルからレコードを取得して表示する方法を示しています。

#!/usr/bin/perl

use DBI;
use strict;

my $driver = "SQLite";
my $database = "test.db";
my $dsn = "DBI:$driver:dbname=$database";
my $userid = "";
my $password = "";
my $dbh = DBI->connect($dsn, $userid, $password, { RaiseError => 1 })
   or die $DBI::errstr;
print "Opened database successfully\n";

my $stmt = qq(SELECT id, name, address, salary from COMPANY;);
my $sth = $dbh->prepare( $stmt );
my $rv = $sth->execute() or die $DBI::errstr;

if($rv < 0) {
   print $DBI::errstr;
}

while(my @row = $sth->fetchrow_array()) {
      print "ID = ". $row[0] . "\n";
      print "NAME = ". $row[1] ."\n";
      print "ADDRESS = ". $row[2] ."\n";
      print "SALARY =  ". $row[3] ."\n\n";
}
print "Operation done successfully\n";
$dbh->disconnect();

上記のプログラムを実行すると、次の結果が生成されます。

Opened database successfully
ID = 1
NAME = Paul
ADDRESS = California
SALARY =  20000

ID = 2
NAME = Allen
ADDRESS = Texas
SALARY =  15000

ID = 3
NAME = Teddy
ADDRESS = Norway
SALARY =  20000

ID = 4
NAME = Mark
ADDRESS = Rich-Mond
SALARY =  65000

Operation done successfully

更新操作

次のPerlコードは、ステートメントを更新してレコードを更新し、更新されたレコードをCOMPANYテーブルからフェッチして表示する方法を示しています。

#!/usr/bin/perl

use DBI;
use strict;

my $driver   = "SQLite";
my $database = "test.db";
my $dsn = "DBI:$driver:dbname=$database";
my $userid = "";
my $password = "";
my $dbh = DBI->connect($dsn, $userid, $password, { RaiseError => 1 })
   or die $DBI::errstr;
print "Opened database successfully\n";

my $stmt = qq(UPDATE COMPANY set SALARY = 25000.00 where ID=1;);
my $rv = $dbh->do($stmt) or die $DBI::errstr;

if( $rv < 0 ) {
   print $DBI::errstr;
} else {
   print "Total number of rows updated : $rv\n";
}
$stmt = qq(SELECT id, name, address, salary from COMPANY;);
my $sth = $dbh->prepare( $stmt );
$rv = $sth->execute() or die $DBI::errstr;

if($rv < 0) {
   print $DBI::errstr;
}

while(my @row = $sth->fetchrow_array()) {
      print "ID = ". $row[0] . "\n";
      print "NAME = ". $row[1] ."\n";
      print "ADDRESS = ". $row[2] ."\n";
      print "SALARY =  ". $row[3] ."\n\n";
}
print "Operation done successfully\n";
$dbh->disconnect();

上記のプログラムを実行すると、次の結果が生成されます。

Opened database successfully
Total number of rows updated : 1
ID = 1
NAME = Paul
ADDRESS = California
SALARY =  25000

ID = 2
NAME = Allen
ADDRESS = Texas
SALARY =  15000

ID = 3
NAME = Teddy
ADDRESS = Norway
SALARY =  20000

ID = 4
NAME = Mark
ADDRESS = Rich-Mond
SALARY =  65000

Operation done successfully

削除操作

次のPerlコードは、DELETEステートメントを使用してレコードを削除し、COMPANYテーブルから残りのレコードを取得して表示する方法を示しています-

#!/usr/bin/perl

use DBI;
use strict;

my $driver   = "SQLite";
my $database = "test.db";
my $dsn = "DBI:$driver:dbname=$database";
my $userid = "";
my $password = "";
my $dbh = DBI->connect($dsn, $userid, $password, { RaiseError => 1 })
   or die $DBI::errstr;
print "Opened database successfully\n";

my $stmt = qq(DELETE from COMPANY where ID = 2;);
my $rv = $dbh->do($stmt) or die $DBI::errstr;

if( $rv < 0 ) {
   print $DBI::errstr;
} else {
   print "Total number of rows deleted : $rv\n";
}

$stmt = qq(SELECT id, name, address, salary from COMPANY;);
my $sth = $dbh->prepare( $stmt );
$rv = $sth->execute() or die $DBI::errstr;

if($rv < 0) {
   print $DBI::errstr;
}

while(my @row = $sth->fetchrow_array()) {
      print "ID = ". $row[0] . "\n";
      print "NAME = ". $row[1] ."\n";
      print "ADDRESS = ". $row[2] ."\n";
      print "SALARY =  ". $row[3] ."\n\n";
}
print "Operation done successfully\n";
$dbh->disconnect();

上記のプログラムを実行すると、次の結果が生成されます。

Opened database successfully
Total number of rows deleted : 1
ID = 1
NAME = Paul
ADDRESS = California
SALARY = 25000

ID = 3
NAME = Teddy
ADDRESS = Norway
SALARY = 20000

ID = 4
NAME = Mark
ADDRESS = Rich-Mond
SALARY = 65000

Operation done successfully