SQLite-HAVING句

HAVING句を使用すると、最終結果に表示されるグループ結果をフィルタリングする条件を指定できます。

WHERE句は選択した列に条件を配置しますが、HAVING句はGROUP BY句によって作成されたグループに条件を配置します。

構文

SELECTクエリでのHAVING句の位置は次のとおりです。

SELECT
FROM
WHERE
GROUP BY
HAVING
ORDER BY

HAVING句は、クエリ内のGROUP BY句の後に指定する必要があり、使用する場合はORDER BY句の前にも指定する必要があります。 以下は、HAVING句を含むSELECTステートメントの構文です。

SELECT column1, column2
FROM table1, table2
WHERE [ conditions ]
GROUP BY column1, column2
HAVING [ conditions ]
ORDER BY column1, column2

次のレコードを持つCOMPANYテーブルを検討してください。

ID          NAME        AGE         ADDRESS     SALARY
----------  ----------  ----------  ----------  ----------
1           Paul        32          California  20000.0
2           Allen       25          Texas       15000.0
3           Teddy       23          Norway      20000.0
4           Mark        25          Rich-Mond   65000.0
5           David       27          Texas       85000.0
6           Kim         22          South-Hall  45000.0
7           James       24          Houston     10000.0
8           Paul        24          Houston     20000.0
9           James       44          Norway      5000.0
10          James       45          Texas       5000.0

以下に例を示します。これは、名前カウントが2未満のレコードを表示します。

sqlite > SELECT *FROM COMPANY GROUP BY name HAVING count(name) < 2;

これにより、次の結果が生成されます。

ID          NAME        AGE         ADDRESS     SALARY
----------  ----------  ----------  ----------  ----------
2           Allen       25          Texas       15000
5           David       27          Texas       85000
6           Kim         22          South-Hall  45000
4           Mark        25          Rich-Mond   65000
3           Teddy       23          Norway      20000

以下に例を示します。名前のカウントが2より大きいレコードが表示されます。

sqlite > SELECT* FROM COMPANY GROUP BY name HAVING count(name) > 2;

これにより、次の結果が生成されます。

ID          NAME        AGE         ADDRESS     SALARY
----------  ----------  ----------  ----------  ----------
10          James       45          Texas       5000