SQLite-データベースの作成

SQLiteでは、 sqlite3 コマンドを使用して新しいSQLiteデータベースを作成します。 データベースを作成するのに特別な権限は必要ありません。

構文

以下は、データベースを作成するsqlite3コマンドの基本的な構文です。

$sqlite3 DatabaseName.db

常に、データベース名はRDBMS内で一意である必要があります。

新しいデータベース<testDB.db>を作成する場合、SQLITE3ステートメントは次のようになります-

$sqlite3 testDB.db
SQLite version 3.7.15.2 2013-01-09 11:53:05
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite>

上記のコマンドは、現在のディレクトリに testDB.db ファイルを作成します。 このファイルは、SQLiteエンジンによってデータベースとして使用されます。 データベースの作成中に気付いた場合、sqlite3コマンドは、データベースファイルを正常に作成した後に sqlite> プロンプトを表示します。

データベースが作成されたら、次のSQLite .databases コマンドを使用して、データベースのリストでデータベースを確認できます。

sqlite>.databases
seq  name             file
---  ---------------  ----------------------
0    main            /home/sqlite/testDB.db

次のようにsqliteプロンプトから出てくるためにSQLite .quit コマンドを使用します-

sqlite>.quit
$

.dumpコマンド

*.dump* ドットコマンドを使用して、コマンドプロンプトで次のSQLiteコマンドを使用して、データベース全体をテキストファイルにエクスポートできます。
$sqlite3 testDB.db .dump > testDB.sql

上記のコマンドは、 testDB.db データベースの内容全体をSQLiteステートメントに変換し、ASCIIテキストファイル testDB.sql にダンプします。 次のように、簡単な方法で生成されたtestDB.sqlから復元を実行できます-

$sqlite3 testDB.db < testDB.sql

この時点ではデータベースは空なので、データベースにテーブルとデータがほとんどなければ、上記の2つの手順を試すことができます。 とりあえず、次の章に進みましょう。