SAP NetWeaver-トランスポート管理

Transport Management System(TMS)は、SAPシステムの主要コンポーネントの1つであり、新しい要求の制御、変更の実装者などの変更の監視、SAP環境でのシステムランドスケープの定義と構成に使用されます。

輸送管理システムは3つの部分で構成されています-

  • * Change and Transport Organizer(CTO) * +* トランザクション:SE01 * +これは、SAPリポジトリおよびその他のオブジェクトの変更を管理、構成するために使用されます。 これにより、開発および構成プロジェクトの中心的な環境が提供されます。 (https://wiki.scn.sap.com/wiki/display/ABAP/Transport+Organizer[https://wiki.scn.sap.com])
  • 輸送管理システム +これは、RFC接続で設定された転送ルートを使用して、開発オブジェクトを管理、制御、およびコピーし、SAPシステムランドスケープで実行するカスタマイズに使用されます。 これには、1つのSAPシステムからオブジェクトをエクスポートし、ターゲットシステムにインポートすることが含まれます。
  • ツール * +ツールはSAPカーネルの一部であり、R3transおよびトランスポート制御プログラムの管理に使用されます。 + R3trans はSAPシステムトランスポートと呼ばれ、異なるSAPシステム間でオブジェクトをトランスポートするために使用されます。 転送制御プログラム(tp)*で、またはSAPアップグレードユーティリティを使用して呼び出されます。 +トランスポート制御プログラムは、異なるプラットフォームおよび異なるデータベースで実行されている異なるシステム間のデータおよびオブジェクトのトランスポートをサポートするために使用されます。

トランスポート管理の構成

移送管理は、SAPシステムランドスケープの重要なコンポーネントの1つです。

トランスポートドメインコントローラー

これは、すべてのTMS構成の詳細を管理するために使用されます。 構成設定の変更はすべてのシステムに配布されます。 ドメインコントローラーをセットアップするには、 Transaction:STMS を使用します

SAPシステムにドメインコントローラーがない場合は、新しいドメインコントローラーを作成するよう求められます。 トランスポートドメインには、実行される次のアクティビティが含まれます-

  • ユーザー作成TMSADM
  • RFC接続とリクエスト作成、TMSADMはターゲットシステムへのログインに使用されます *DOMAIN.CFGファイルはusr/sap/trans/binディレクトリの下に作成され、TMS設定を保存し、既存の設定をチェックするためにシステムとドメインによって使用されます。

輸送管理

移送ドメインへのシステムの追加

システムを追加するには、システムに追加するSAPシステムにログオンします。* client 000 を使用して、 *transaction STMS を開始します。 システムが追加されていない場合、TMSは構成ファイル DOMAIN.CFG を確認し、ドメインへの参加を要求します。 「提案を選択」をクリックして保存します。 システムは最初は「待機中」ステータスのままです。

タスクを完了するには→ドメインコントローラーシステムにログイン→トランザクションSTMS→概要に移動→システム。

新しいシステムが利用可能になります。 SAPシステム→承認に移動します。

STMS Systems SAP System Approve

輸送ルートの管理

  • トランスポートルート*は、異なるSAPシステム間で変更を送信するためにSAP管理者によって定義されるルートとして定義されます。

あなたは2種類の輸送ルートを定義することができます-

  • 統合(DEVからQASへ)-トランスポート層が使用されます
  • 配信(QASからPRDへ)-トランスポート層は不要

輸送依頼

  • トランスポート要求*には、開発システムに実装される変更の数が含まれています。 変更の種類、目的、変更カテゴリ、ターゲットシステム、およびその他の詳細で構成されます。

トランスポート要求には、標準形式で<* SID > * *K * <* Number *>という名前が付けられます

*SID* はシステムIDを表します
*K* は固定キーワード/アルファベットを表します
*Number* は、900001から始まる範囲の任意の値です

SAPシステムで作成できる2つのリクエストタイプがあります-

  • ワークベンチリクエスト-このリクエストタイプは、リポジトリおよびクロスクライアントカスタマイズオブジェクトを含めるために使用されます。 ワークベンチ要求は、ABAPワークベンチオブジェクトに変更を加えるために使用されます。
  • カスタマイズ要求-この要求タイプは、クライアント固有のカスタマイズに属するオブジェクトを含めるために使用されます。 これらのリクエストは、ユーザーが設定をカスタマイズすると自動的にシステムに作成され、ターゲットシステムはトランスポートレイヤーごとに自動的に割り当てられます。

トランスポートオーガナイザー

トランスポートリクエストを作成するには、 Transaction SE01 を使用します

トランスポート要求は2つの方法で作成できます-

  • 自動-自動的に作成されます。
  • 手動-トランスポート要求を手動で作成することもできます。

拡張ビュー

移送システムでのオブジェクトのインポート/エクスポート

ソースシステムでトランスポート要求が完了したら、ソースシステムから要求をエクスポートし、ターゲットシステムにインポートする必要があります。 インポートを実行するには、インポートキューを選択する必要があります。

トランザクションSTMS→インポートを実行するか、上部の概要タブ→インポートに移動することができます。

トランザクションSTMS

現在のドメイン内のシステムのリスト、説明、およびインポートキューで利用可能なリクエストの数とステータスを確認できます。

インポートの概要

インポートキュー

このリストには、ターゲットシステムにインポートする準備ができているディレクトリ内のトランスポートリクエストが含まれます。

重要なキュー

リクエストを手動で追加するには、「エクストラ」→「その他のリクエスト」→「追加」に移動します。 トランスポート要求の名前を知っている必要があります。

トランスポートリクエスト

移送依頼ログ

トランスポート要求が完了したら、ログを確認することもできます。 ログを確認するには、トランザクションSE01→ジャンプ→移送ログを選択します。

トランザクションSE01

次の2種類のログがトランスポート管理システムで利用可能です-

  • Transport Log -トランスポートリクエストで移動されたトランスポートログファイルを追跡します。
  • アクションログ-トランスポートリクエストで実行されたアクションログの詳細が含まれます。 輸出、輸入などが含まれます。

ログレコード値

次のログレコード値がトランスポート管理システムに存在します-

  • 0 -この値は、エクスポートが成功したことを表します。
  • 4 -この値は、警告が発行され、オブジェクトが正常に転送されたことを表します。
  • 8 -これは、警告が発行され、少なくとも1つのオブジェクトを移送できなかったことを表します。
  • * 12以上*-この値はトランスポートリクエストのエラーを表し、通常はトランスポートリクエストのオブジェクトのために発生しません。 これはおそらくシステム障害が原因で発生します。