プロセス統合オプション

SAPプロセス統合(SAP PI)は、SAP NetWeaverプラットフォームの一部です。 NetWeaver 7.0 ehp2以前のバージョンでは、 SAP NetWeaver Exchange Infrastructure XI と呼ばれます。 SAP NetWeaver Process IntegrationはNetWeaverソフトウェアコンポーネントの一部であり、組織の内部システムまたは外部の関係者との情報交換に使用されます。

SAP PI/XIを使用すると、システム間の通信と統合を設定でき、JavaやSAP ABAPなどのさまざまなプログラミング言語に基づいてSAPシステムと非SAPシステムを接続できます。 システムの統合と通信のために複雑なシステムランドスケープで必要なオープンソース環境を提供します。

SAP Process Integrationは、組織内のSAPアプリケーションと非SAPアプリケーション、または組織外のシステムとのシームレスな統合を可能にするミドルウェアです。

SAP PIが必要な理由

組織では、SAP ERPには単一のシステムは含まれませんが、SAP CRM、FICO、EWMなどの多数の統合システムで構成されます。 SAP PIは、すべてのデータおよび情報交換のための複雑なレガシーシステムに触れることなく、すべてのシステムの統合の単一ポイントとしてプラットフォームを提供します。

SAP SD

以下は、SAP Process Integrationによって提供される主要な機能です-

接続性

SAP PIを使用すると、技術的な通信方法が異なるさまざまなアプリケーションやシステムを接続できます。 SAP PIには、HTTPSやRemote Function Call(RFC)などのさまざまなプロトコルに基づいてアプリケーションを接続できるさまざまなアダプターが用意されています。

ルーティング

ルーティングは、実行時の異なるシステム間のメッセージのフローのルールを定義します。

マッピング

SAP PIは、異なる組織間で設定できる分散環境で異なるアプリケーションまたはシステムを接続するために使用されます。 したがって、2つのコンポーネント間のデータ交換の構造が互いに異なる可能性があります。

マッピング

SAP NetWeaver PIインストールオプション

SAP PIでシナリオを実行する場合、通信および処理機能は、SAP PIのインストール時にインストールされるランタイムエンジンに依存します。 ホストシステムに1つ以上のランタイムエンジンをインストールできます。 SAP PIは、次の2つのインストールオプションを提供します-

タイプ1-デュアル使用タイプ

このインストールはABAPとJavaに基づいており、統合コンテンツと次のランタイムエンジンを設計および構成するためのツールを提供します-

  • 統合エンジン
  • ビジネスプロセスエンジン
  • 高度なアダプターエンジン

タイプ2-拡張アダプターエンジン拡張(AEX)

このインストールはJavaに基づいており、統合コンテンツを設計および構成するためのツールを提供し、ランタイムエンジンとしてAEXを含んでいます。

SAP NetWeaver PIアーキテクチャ

SAP PIアーキテクチャは、設計時、構成時、および実行時に使用される複数のコンポーネントで構成されています。 SAP PIでは、送信側システムはソースと呼ばれ、受信側はターゲットシステムと呼ばれます。 このアーキテクチャは、ハブアンドスポーク構造として知られています。 スポークは外部システムとの接続に使用され、ハブはメッセージの交換に使用されます。

SAP PIシステムは、次のコンポーネントに分かれています-

  • 統合サーバー
  • 統合ビルダー
  • システムランドスケープディレクトリ(SLD)
  • 構成と監視

NetWeaver PI