インストール用のパラメーターを渡す

インストールプロセス中に、入力ユーザーパラメーターとして呼び出されるさまざまなパラメーターを渡す必要があります。 これらのパラメーターは、インストールモードの種類によって異なります。 あなたは、次のインストールオプションから選ぶことができます-

  • 標準モード
  • カスタムモード

標準モード

「標準」モードを選択すると、インストールウィザードは標準パラメータのデフォルト値のみを選択し、インストールの実行が短縮されます。

標準モードでは、次の入力パラメータを選択する必要があります-

  • マスターパスワード
  • システムID
  • データベース接続パラメーター
  • 暗号化キーを保持する必要があるNetWeaverバージョン7.4以降

SAPマスターパスワード

カスタムモード

インストール中に「カスタム」モードを選択した場合、すべてのユーザー入力パラメーターを選択する必要があります。 インストールウィザードの手順2→次でパラメーターを定義すると、パラメーターの概要を表示するように求められます。

要約ステップで、すべてのパラメーターを再度変更できます。

インストールが完了したら、パラメータモードを[標準]→[カスタム]または[カスタム]→[標準]から変更できないため、インストールプロセス中にビジネス要件に従って選択する必要があります。

サマリSAP