SAP NetWeaver-バックグラウンドジョブの管理

  • バックグラウンドジョブ*は、システム内の通常の操作に影響を与えることなくバックグラウンドで実行されるSAPシステム内のジョブです。 バックグラウンドジョブは、手動の労力を減らし、プロセスを自動化するために使用されます。 ユーザー入力なしでバックグラウンドで実行でき、システム負荷が低いときに実行するようにスケジュールできます。

バックグラウンドジョブは3つのカテゴリに分けることができます-

  • クラスA(高優先度)-これは緊急または重要なタスクに使用され、クラスA優先ジョブでスケジュールする必要があります。 クラスAジョブは、1つ以上のバックグラウンドワークプロセスを予約します。
  • クラスB(中優先度)-これらのジョブは、クラスA高優先度ジョブの完了後に実行されます。
  • クラスC(低優先度-これらのジョブは、クラスAおよびクラスBのジョブが完了すると実行されます。

トランザクションコード-SM36

SAP Easy Access

一般的なデータ

一般的なデータでは、次の詳細を入力してバックグラウンドジョブを作成します-

  • ジョブ名を入力してください
  • 優先度/ジョブクラス
  • ジョブを実行するターゲットサーバーを選択します。 これは負荷分散に使用されます。 ジョブを実行するターゲットサーバーを定義できます。

バックグラウンドジョブ

結果を電子メールで取得する場合は、スプールリスト受信者を使用して電子メールIDを入力します。

受信者の決定

実行するステップを定義するには、[ステップ]タブに進みます。 フィールドにプログラム名、バリアント名を入力します。 要件に従ってバリアントを作成していない場合は、空白のままにします。 下部の保存ボタンをクリックします。

SAP Create Step1 Step List Overview

開始条件を渡すには、開始日、終了日、頻度などを入力します 開始条件が指定されていない場合、ジョブはスケジュールされた状態のままになり、実行されません。 さまざまなオプションを使用して、開始条件を定義できます。 定期的なジョブを作成するには、下部のボックスを選択します。

背景の定義

スケジュールを定義したら、[保存]ボタンをクリックしてジョブを保存します。 あなたは異なるスケジューリングオプションを定義することができます-

  • 即時-ジョブをすぐに実行します。
  • 日付/時刻-ジョブを実行する日付と時刻を追加できます。
  • ジョブの後-特定のジョブが完了した後にこのジョブをスケジュールすることもできます。
  • イベント後-特定のイベントがトリガーされたときにスケジュールを追加することもできます。
  • 操作モード-操作モードでスケジュールを追加することもできます。

定義された背景

バックグラウンドジョブのスケジュール解除

将来実行されないようにジョブのスケジュールを解除するには、ジョブをリリースする必要があります。 ジョブのスケジュールを解除するには、 Transaction Code:SM37 を使用します

-ジョブがアクティブ状態の場合、完了するまでスケジュールを解除できません。

  • ステップ1 *-ジョブ名とユーザー名を入力します。
  • ステップ2 *-ジョブのスケジュールを解除するには、ステータスタブからリリース済みと準備完了を選択します。
  • ステップ3 *-次のスクリーンショットに示すように、上部にジョブ開始条件を入力し、実行ボタンを選択します。

単純なジョブ選択

次のスクリーンショットは、ジョブがリリースされたことと、ジョブの他の詳細を確認します。

ジョブの概要