SAP NetWeaver-KM管理

エンタープライズポータルのナレッジマネジメントの各領域で、さまざまな構成/管理機能が実行されます。

初期設定

KMを実行するには、インストールプロセスの直後に基本構成を実行する必要があります。 これらのアクティビティは、ナレッジマネジメント機能を使用するために必須です。

  • 検索と分類エンジン(TREX)のインストール
  • テンプレートベースの基本設定
  • 手動設定

システム管理

ナレッジマネジメントポータルに関連するさまざまな管理タスクを実行する必要があります。 これらのタスクは、エンタープライズポータルの[管理]タブを使用して実行できます。

  • システム構成
  • 監視、ロギング、およびトレース

次のスクリーンショットに示すように、これらのタスクのツールは、ポータルの最上位ナビゲーションペインの[システム管理]タブにあります。

システム構成

コンテンツ管理

コンテンツ管理は、さまざまな種類のナレッジマネジメントコンテンツの管理を扱います。 ポータルコンテンツとKMコンテンツは、SAPエンタープライズポータルのコンテンツ管理ロールを使用して管理されます。

KMのコンテンツの種類-

  • ポータルコンテンツ-これには、KM機能および他のポータルコンテンツディレクトリへのアクセスに使用される前の章で説明したiViewが含まれます。
  • * KMコンテンツ*-これらのオブジェクトは、ナレッジマネジメントリポジトリで管理されます。

KMリポジトリマネージャーへのレポートの追加

PARファイル構造内にレポートを展開する場合、レポートをリポジトリマネージャーに割り当てる必要があります。

  • ステップ1 *-最上位の詳細ナビゲーションバーの[システム管理]→[システム構成]タブに移動します。

ようこそ管理者

  • ステップ2 *-左側の詳細ナビゲーションバーで、[ナレッジマネジメント]→[コンテンツ管理]→[リポジトリマネージャー]→[レポートリポジトリ]に移動します。

コンテンツ管理

  • ステップ3 *-次に、編集用の標準レポートリポジトリマネージャーを選択し、アクティブレポートリストにシンプルレポートを追加します。 カスタムレポートをマネージャーに追加したら、変更を保存する必要があります。

レポートの編集

  • ステップ4 *-コンテンツマネージャーの役​​割に移動すると、新しいレポートがスケジュールに利用できることがわかります。 このレポートは、Content Managerで実行できます。

コンテンツマネージャー