SAP NetWeaver-ゲートウェイ

SAP NetWeaver Gatewayは、SAPビジネススイート、ターゲットクライアント、プラットフォーム、およびフレームワーク間の接続をセットアップするために使用されます。 さまざまなクライアント開発ツールでODataサービスを作成するための開発および生成ツールを提供します。

SAP NetWeaverゲートウェイは、Webアプリケーション上のSAPバックエンドシステムのビジネスロジックとコンテンツを簡単に利用できる方法を提供します。 また、SAPデータへのアクセスの複雑さを軽減し、開発時間を短縮するための簡単なインターフェースを提供します。

SAP NetWeaver Gateway:機能と主な利点

  • SAP NetWeaver Gatewayは、市場標準に基づいて、デバイス、環境、プラットフォームをSAPソフトウェアに接続する簡単な方法を提供するテクノロジーです。
  • 中断のない、あらゆるSAPビジネススイート。
  • 簡単なAPIを簡単に開発でき、ツールの知識は必要ありません。
  • REST、ATOM/ODataに基づいています。 RESTサービスとOData/ATOMプロトコルを活用することにより、SAPの知識がなくても、プログラミング言語またはモデルを使用してSAPアプリケーションに接続できます。
  • Eclipse、Visual Studio 2010、XCodeなどの有名なIDEのプラグインを提供します。

ゲートウェイのインストール/展開オプション

SAP NetWeaverを展開するために利用できる2つの異なる展開オプションがあります-

SAP NetWeaver Gatewayの中央ハブ展開

このオプションでは、ゲートウェイサーバー機能が1つの専用サーバーであるハブシステムで使用されます。 最初のオプションとは異なり、サービスの展開はハブシステムで行われます。

このオプションは、バックエンドシステムで開発を実行する必要がない場合、または7.40より前のリリースの場合に使用されます。 または、バックエンドでアドオンIW_BEPをデプロイすることが許可されていない場合。 この場合、開発者は、バックエンドでRFCを介してアクセス可能なインターフェースに制限されます。

開発はゲートウェイハブシステムで行われ、ビジネススイートのバックエンドシステムは変更されません。 IW_BEPまたはSAP_GWFNDは、ゲートウェイハブシステムで実行され、SAPビジネススイートでは何も変更されません。

メリット

  • このオプションには、バックエンドシステムにゲートウェイアドオンをインストールする必要がないという利点があります。

デメリット

  • メタデータ(DDIC)およびビジネスデータへの直接アクセスはありません。 したがって、データの再利用は制限されています。
  • GENILオブジェクトはリモートで使用できません。
  • この構成では、RFCモジ​​ュール、BAPIなどのリモート対応インターフェースにアクセスが制限されます。

組み込み展開

組み込み展開アーキテクチャでは、SAP Businessスイートのバックエンドシステムで開発が行われます。 ゲートウェイシステムも同じシステムにインストールされます。 サービスは、SAP Business Suiteバックエンドシステムで登録および公開されます。

IW_BEPまたはSAP_GWFNDは、SAP Businessスイートがインストールされているのと同じシステムで実行されます。

利点-

  • 1回のリモート呼び出しが削減されるため、実行時間が短くなります。

欠点-

  • システムは、追加のバックエンドシステムのハブとして使用しないでください。
  • 複数のSAP Business Suiteシステムの場合、ゲートウェイを複数回構成する必要があります。
  • この構成は、サンドボックスの目的にのみお勧めします。