PyQt-Qt Designerの使用

PyQtインストーラーには、 Qt Designer と呼ばれるGUIビルダーツールが付属しています。 シンプルなドラッグアンドドロップインターフェイスを使用して、コードを記述することなくGUIインターフェイスをすばやく構築できます。 ただし、Visual StudioなどのIDEではありません。 したがって、Qt Designerにはアプリケーションをデバッグおよびビルドする機能がありません。

Qt Designerを使用したGUIインターフェイスの作成は、アプリケーションのトップレベルウィンドウを選択することから始まります。

Qt Designer1

その後、必要なウィジェットを左ペインのウィジェットボックスからドラッグアンドドロップできます。 フォームに配置されたウィジェットのプロパティに値を割り当てることもできます。

Qt Designer2

設計されたフォームはdemo.uiとして保存されます。 このUIファイルには、デザイン内のウィジェットとそのプロパティのXML表現が含まれています。 この設計は、pyuic4コマンドラインユーティリティを使用して、同等のPythonに変換されます。 このユーティリティは、uicモジュールのラッパーです。 pyuic4の使用法は次のとおりです-

pyuic4 –x demo.ui –o demo.py

上記のコマンドで、-xスイッチは生成されたXMLに少量の追加コードを追加し、自己実行可能なスタンドアロンアプリケーションになります。

if __name__ == "__main__":
   import sys
   app = QtGui.QApplication(sys.argv)
   Dialog = QtGui.QDialog()
   ui = Ui_Dialog()
   ui.setupUi(Dialog)
   Dialog.show()
   sys.exit(app.exec_())

結果のPythonスクリプトは、次のダイアログボックスを表示するために実行されます-

ダイアログボックス

ユーザーは入力フィールドにデータを入力できますが、「追加」ボタンをクリックしても、機能に関連付けられていないため、アクションは生成されません。 ユーザー生成の応答に反応することは、*イベント処理*と呼ばれます。