PyQt-描画API

PyQtのすべての QWidget クラスは、QPaintDeviceクラスのサブクラスです。 QPaintDevice は、QPainterを使用して描画できる2次元空間の抽象化です。 ペイントデバイスの寸法は、左上隅からピクセル単位で測定されます。

QPainterクラスは、ウィジェットやプリンターなどの他のペイント可能なデバイスで低レベルのペイントを実行します。 通常、ウィジェットのペイントイベントで使用されます。 QPaintEvent は、ウィジェットの外観が更新されるたびに発生します。

ペインタはbegin()メソッドを呼び出すことでアクティブになり、end()メソッドは非アクティブにします。 その間に、次の表にリストされている適切な方法で、目的のパターンがペイントされます。

Sr.No. Methods & Description
1

begin()

ターゲットデバイスでペイントを開始します

2

drawArc()

開始角度と終了角度の間に円弧を描きます

3

drawEllipse()

長方形の内側に楕円を描画します

4

drawLine()

端点座標を指定して線を描画します

5

drawPixmap()

画像ファイルからピックスマップを抽出し、指定された位置に表示します

6

drwaPolygon()

座標の配列を使用してポリゴンを描画します

7

drawRect()

指定された幅と高さで左上の座標から始まる長方形を描画します

8

drawText()

指定された座標にテキストを表示します

9

fillRect()

QColorパラメーターで四角形を塗りつぶします

10

setBrush()

ペイントのブラシスタイルを設定します

11

setPen()

描画に使用するペンの色、サイズ、スタイルを設定します