PyQt-データベース処理

PyQt APIには、多くのSQLベースのデータベースと通信するための精巧なクラスシステムが含まれています。 そのQSqlDatabaseは、Connectionオブジェクトを介したアクセスを提供します。 以下は現在利用可能なSQLドライバのリストです-

Sr.No. Driver Type & Description
1

QDB2

IBM DB2

2

QIBASE

Borland InterBaseドライバー

3

QMYSQL

MySQLドライバー

4

QOCI

Oracle Call Interfaceドライバー

5

QODBC

ODBCドライバー(Microsoft SQL Serverを含む)

6

QPSQL

PostgreSQLドライバー

7

QSQLITE

SQLiteバージョン3以降

8

QSQLITE2

SQLiteバージョン2

SQLiteデータベースとの接続は、静的メソッドを使用して確立されます-

db = QtSql.QSqlDatabase.addDatabase('QSQLITE')
db.setDatabaseName('sports.db')

QSqlDatabaseクラスの他のメソッドは次のとおりです-

Sr.No. Methods & Description
1

setDatabaseName()

接続が要求されるデータベースの名前を設定します

2

setHostName()

データベースがインストールされているホストの名前を設定します

3

setUserName()

接続用のユーザー名を指定します

4

setPassword()

接続オブジェクトのパスワードを設定します

5

commit()

トランザクションをコミットし、成功した場合はtrueを返します

6

rollback()

データベーストランザクションをロールバックします

7

close()

接続を閉じます

QSqlQueryクラスには、SQLコマンドを実行および操作する機能があります。 SQLクエリのDDLとDMLタイプの両方を実行できます。 クラスで最も重要なメソッドはexec_()です。これは、実行するSQLステートメントを含む文字列を引数として受け取ります。

query = QtSql.QSqlQuery()
query.exec_("create table sportsmen(id int primary key,
   " "firstname varchar(20), lastname varchar(20))")

次のスクリプトは、5人のレコードが入力されたsportspersonのテーブルを含むSQLiteデータベースsports.dbを作成します。

from PyQt4 import QtSql, QtGui

def createDB():
   db = QtSql.QSqlDatabase.addDatabase('QSQLITE')
   db.setDatabaseName('sports.db')

   if not db.open():
      QtGui.QMessageBox.critical(None, QtGui.qApp.tr("Cannot open database"),
         QtGui.qApp.tr("Unable to establish a database connection.\n"
            "This example needs SQLite support. Please read "
            "the Qt SQL driver documentation for information "
            "how to build it.\n\n" "Click Cancel to exit."),
         QtGui.QMessageBox.Cancel)

      return False

   query = QtSql.QSqlQuery()

   query.exec_("create table sportsmen(id int primary key, "
      "firstname varchar(20), lastname varchar(20))")

   query.exec_("insert into sportsmen values(101, 'Roger', 'Federer')")
   query.exec_("insert into sportsmen values(102, 'Christiano', 'Ronaldo')")
   query.exec_("insert into sportsmen values(103, 'Ussain', 'Bolt')")
   query.exec_("insert into sportsmen values(104, 'Sachin', 'Tendulkar')")
   query.exec_("insert into sportsmen values(105, 'Saina', 'Nehwal')")
   return True

if __name__ == '__main__':
   import sys

   app = QtGui.QApplication(sys.argv)
   createDB()

PyQtのQSqlTableModelクラスは、単一のテーブルでレコードを読み書きするための編集可能なデータモデルを提供する高レベルインターフェイスです。 このモデルは、QTableViewオブジェクトを作成するために使用されます。 ユーザーに、トップレベルのウィンドウに配置できるスクロール可能かつ編集可能なビューを提供します。

QTableModelオブジェクトは、次の方法で宣言されています-

model = QtSql.QSqlTableModel()

その編集戦略は、次のいずれかに設定することができます-

QSqlTableModel.OnFieldChange All changes will be applied immediately
QSqlTableModel.OnRowChange Changes will be applied when the user selects a different row
QSqlTableModel.OnManualSubmit All changes will be cached until either submitAll() or revertAll() is called

次の例では、sportspersonテーブルがモデルとして使用され、戦略が次のように設定されています-

model.setTable('sportsmen')
model.setEditStrategy(QtSql.QSqlTableModel.OnFieldChange)

   model.select()

QTableViewクラスは、PyQtのModel/Viewフレームワークの一部です。 QTableViewオブジェクトは次のように作成されます-

view = QtGui.QTableView()
view.setModel(model)
view.setWindowTitle(title)
return view

このQTableViewオブジェクトと2つのQPushButtonウィジェットは、トップレベルのQDialogウィンドウに追加されます。 追加ボタンのClicked()シグナルは、モデルテーブルでinsertRow()を実行するaddrow()に接続されます。

button.clicked.connect(addrow)
def addrow():
   print model.rowCount()
   ret = model.insertRows(model.rowCount(), 1)
   print ret

削除ボタンに関連付けられたスロットは、ユーザーが選択した行を削除するラムダ関数を実行します。

btn1.clicked.connect(lambda: model.removeRow(view1.currentIndex().row()))

完全なコードは次のとおりです-

import sys
from PyQt4 import QtCore, QtGui, QtSql
import sportsconnection

def initializeModel(model):
   model.setTable('sportsmen')
   model.setEditStrategy(QtSql.QSqlTableModel.OnFieldChange)
   model.select()
   model.setHeaderData(0, QtCore.Qt.Horizontal, "ID")
   model.setHeaderData(1, QtCore.Qt.Horizontal, "First name")
   model.setHeaderData(2, QtCore.Qt.Horizontal, "Last name")

def createView(title, model):
   view = QtGui.QTableView()
   view.setModel(model)
   view.setWindowTitle(title)
   return view

def addrow():
   print model.rowCount()
   ret = model.insertRows(model.rowCount(), 1)
   print ret

def findrow(i):
   delrow = i.row()

if __name__ == '__main__':

   app = QtGui.QApplication(sys.argv)
   db = QtSql.QSqlDatabase.addDatabase('QSQLITE')
   db.setDatabaseName('sports.db')
   model = QtSql.QSqlTableModel()
   delrow = -1
   initializeModel(model)

   view1 = createView("Table Model (View 1)", model)
   view1.clicked.connect(findrow)

   dlg = QtGui.QDialog()
   layout = QtGui.QVBoxLayout()
   layout.addWidget(view1)

   button = QtGui.QPushButton("Add a row")
   button.clicked.connect(addrow)
   layout.addWidget(button)

   btn1 = QtGui.QPushButton("del a row")
   btn1.clicked.connect(lambda: model.removeRow(view1.currentIndex().row()))
   layout.addWidget(btn1)

   dlg.setLayout(layout)
   dlg.setWindowTitle("Database Demo")
   dlg.show()
   sys.exit(app.exec_())

上記のコードは、次の出力を生成します-

データベース処理出力